【東京なのに】正統派でオモろい間借りカレー

1099
店主の芳野冬樹さん
大阪の間借りカレーは独創的でオリジナリティ溢れる面白い料理が多いですが、東京の間借りカレーは正統派だったり本格的であることが多いように感じています。
これは一般的に「東京の美食家は美味しいの次に正しいを求め、大阪の美食家は美味しいの次に面白いを求める」と言われていることにも関係するのでしょう。

東京の間借りカレー激戦区のひとつである高円寺において、5年もその人気を維持し続けている「UneedaCurry(ユニーダカリー)」も正統派の南インドミールスなのですが、ただそのままではなくオリジナルの工夫もあって個人的にも気に入っているお店です。
土日の昼にBAR LIGHTの間借り営業。他の曜日も違う場所で違う形で営業していることもあり、自身で店舗を持たずとも様々なやり方があるということを気づかせてくれます。 ミールスの内容は週替わり。今回の料理で特に気に入ったのはマトンカレー。カシアとナツメグの香りが印象的であり、焦がし玉ねぎを使用することによって奥深さもある美味しさとなっていました。
ラッサムもしっかりパンチある仕様。ドーサはマサラドーサにチーズも加えたもの。
どれもわかりやすい方向性のパンチあるテイスト。
本格的な南インド料理店へ行くと引き算で味付けをし、混ぜて完成するタイプの美味しさのお店も少なからずありますが、初心者には少しわかりにくい味である場合もあります。
こちらはその真逆のベクトルであり、ひとつひとつが初心者にもわかりやすく、足し算ミールスの傑作だと思います。

店主の芳野冬樹さんにお話をうかがってきました。

カレーおじさん\(^o^)/(以下「カ」と表記):まずは飲食歴と言いますか、どのような経歴なのか簡単に教えてください。
UneedaCurry芳野さん(以下「ユ」と表記):飲食はもう20年近く続けているのですが、最初は音楽で踊る方のクラブのバーテンダーだったんです。音響の仕事もしながらお酒を作っていました。
カ:おお! そうでしたか。やはりカレーは音楽と繋がりますね!
ユ:音楽関係の方、多いですよね。そのクラブの後はメキシカンレストランで10年ほど働いていたのですが、そのお店のスタッフにスリランカ人が多くいまして、まかないで彼等が作っていたカレーを食べてみたらこれが美味しくて、日本人用とスリランカ人用のまかないが分かれていたんですが、僕はスリランカ人にまじってそちらを食べていました。
カ:最初はスリランカカレーからだったのですね。それがなぜ今は南インド料理を?
ユ:基本的には独学で様々なカレーを作るようになったのですが、練馬のケララバワンに食べに行った時に食べたドーサに衝撃を受けまして、南インド料理にハマりました。
カ:それでドーサがつくミールスになっているのですね。そしてユニーダカリーをオープンして5年ということですが、こちらのお店はどのようにして借りることになったのですか?
ユ:僕自身がこちらのバーの常連だったんです。昼間使っていないということを聞いてオーナーに直接間借りさせてもらえないかお願いして、許可してもらった形です。
カ:借りる前から人間関係ができていたのですね。現在はこちらで土日の間借りの他にも別の場所で別の形でも営業されてますよね。
ユ:はい。月曜は渋谷でキッチンカー営業をしています。
カ:キッチンカー営業はどういう経緯ですか?
ユ:コロナでお店の営業ができなくなったタイミングで、待っているのではなく自分からカレーを売りに行こうということでキッチンカーを購入したんです。内装も自分でやりまして、当時は色々な場所へ行って売っていました。
カ:キッチンカー営業って場所の問題が色々大変だと聞くのですが、どのようにして営業する場所を見つけたのですか?
ユ:最初は何もわかっていなかったのでキッチンカーの配車サービスに登録したり、知人の会社や店舗などの前でやらさせてもらったり、色々ですね。中には営業できなくなってしまった場所もあったのですが、現在も月曜は渋谷でキッチンカーで、木曜は新中野で店頭販売という形でワンハンドミールスを販売しています。詳しくはSNSを見ていただければ。
カ:なるほど。他の曜日は仕込みと考えると、毎日稼働してらっしゃるんですね。
ユ:実は他の曜日もケータリングで営業していることが多いんですよ。ドラマのロケなどで詳細をお知らせできないのでSNSでは告知していないだけで。
カ:そうでしたか!
ユ:外国人の方からベジタリアンやヴィーガンメニューで注文いただくこともあり、ご注文いただければリクエストに応じて色々とできますのでSNSにご連絡いただければと思います!
ポジティブかつパワフルに様々な形で営業する芳野さん。長年の飲食店勤務経験があるからこその知識と腕で日々美味しいカレーを作られています。
非常に気さくな方なので、これから間借り営業にチャレンジしたいという方も、食べに行って忙しくなければ質問に答えてくれるかもしれません。
ただ、基本ワンオペで大量かつ繊細な盛り付けをしているので、質問のタイミングは見計らってくださいね。
また、カレーと言ってもドーサも乗るアイテム数が多いミールスなので時間に余裕を持って食べに行くことをおすすめします。待つだけの価値はおおいにある絶品ミールスをいただけますから。

【店舗情報】

店名:UneedaCurry(ユニーダカリー)
住所:東京都杉並区高円寺南4丁目7−15 Bar Light内
営業時間:11:30~16:30L.O 17:00まで
営業日:土日/高円寺
・木曜日/新中野/店頭販売/中野区中央4-1-8/11:30~14:00
・月曜日/渋谷南口/キッチンカー/渋谷区渋谷3-28-13
営業詳細はInstagramをご確認ください
Instagram: https://www.instagram.com/uneedacurry/

カレーおじさん\(^O^)/

2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーおじさん\(^O^)/
TBS「マツコの知らない世界」ほか多数のメディア出演、カレー記事の連載、カレープロデュースまで行うカレーアディクト。
http://akinolee.tokyo/?page_id=1380
「間借りカレーdiggin’」は毎月15日に掲載いたします!お楽しみに!