シェアレストラン、スペース利用料が価格変動する「ダイナミックプライシング」を導入し、ユーザー申込を喚起

44
吉野家ホールディングスグループの株式会社シェアレストラン(代表取締役:武重準、本社:東京都中央区)は、間借りマッチングプラットフォーム「シェアレストラン」が価格が変動するダイナミックプライシングを導入したことを報告致します。

業界のリーディングカンパニーとして業界初の試み

間借りプラットホームとして、常に業界をリードしてきた「シェアレストラン」が他業界でも取り入れいている「ダイナミックプライシング」を業界に先駆けて導入することにより、業界全体の発展に寄与するのではないかと考えております。
また、間借りというグレーな商慣習を一般的なビジネスとして認知してもらうという使命を元に、今後も野心的な取り組みを提案していきます。

飲食店の廃業率を下げることに挑戦しているシェアレストランが進める新しい施策

シェアレストランを立ち上げた経緯の「飲食店の廃業率を下げる」ことを常に挑戦しつづけている㈱シェアレストランは、今回のダイナミックプライシングを「デジタルの力で飲食店廃業率を下げる」というテーマの第1弾として導入を決めました。

シェアレストランがダイナミックプライシングを導入した経緯

シェアレストランがダイナックプライシングを導入した経緯は、飲食店オーナーがスペース登録時に設定したスペース利用料が固定化している現状をダイナックプライシングを導入することにより、利用料が変動し、ユーザーの申込意欲を促し、マッチング率を高める狙いがございます。 【問い合わせ先】
吉野家ホールディングスグループ
株式会社シェアレストラン
担当:藤田 新
080-4818-5335
a.fujita@yoshinoya.com